トイレのリフォーム・改修は「エスシニアルーム」で!!

Re-toilet

トイレの改修・リフォームはエスシニアルームで。

高齢者対応リフォームの代表格としてまず着手するのが、「トイレ」と「お風呂」ですね。

中でも、寒く狭い「トイレ」の改修は、加齢・体調変化にともない切実な願いのひとつでもあります。

従来型在来工法のトイレ改修実例

ですが、本当にトイレのみを改修するだけで日常の生活や介助は楽になるのでしょうか。

・居室からトイレまでの距離は長くて大変ではありませんか?

・廊下も滑りやすく、狭く、冷たくはありませんか?

敷居段差によるつまずき、ヒートショック、等

では、もう一度改めて考えてみましょう。なぜ高齢者対応のトイレ改修をするのでしょう。

改修の目的が、”トイレをきれいにしたい”、のでしたら問題はありません。ですがもしも、

“毎日の家事や生活をもっと楽に快適にしていきたい”、が最終の目的でしたら、

トイレ本体の入れ替えだけではその願いを100%かなえる事はできません。

それは、動線の問題が未解決だからです。

介護度変化に適応する「エス」のトイレリフォーム

弊社では、高齢者対応の自宅リフォームの主目的を、

「きれいに」だけではなく、更に「いまより、もっと、快適に、」に重きを置いています。

そのため、トイレの改装についても、点(トイレ室のみ)ではなく、動線(より移動距離を短く・余裕ある幅を確保)の短縮が重要ととらえます。

そうはいっても、フル改装は費用がかさみます。まずはトイレだけでも直したい”、というのが現実的なところでしょうか。

仮に、従来型の在来工法でのフル改装をしようとしたなら、

トイレ室本工事の他、廊下幅拡張、各室断熱処理、手摺り、防滑床・床下強度見直し、上下水配管工事、電気配線見直し、など、

やはり、大規模なものとなり、”費用負担”が大きな壁となります。

在来型改装は最初安くても、工事を重ねる度費用がかさみます。

工事も長期化し、職人の出入りも毎日続けば気遣いも大変です。

ではもしも、その総費用が従来工法(弊社過去物件比較)の『約半分』で出来る、としたらいかがでしょうか。

リフォームを“トイレ改修”から始めようとご計画されている皆様に「エスシニアルーム」をお薦めご提案させて戴いております理由はここにあります。

「エスシニアルーム」は上記のようなトイレに関する諸問題を解決する事は勿論、万が一、将来、自宅介護生活に入った場合にも万全の備えを事前に組み込んだリフォームシステムです。

エスシニアルームでのトイレ改装ならそのあと、工事を重ねる度、費用軽減をはかれます。

在来型総改修費の「半分」の費用で、更に、工期も「7日間」(8帖タイプ)、おまけに既存のトイレやお風呂、炊事も工事前と同様、施工中も施工後もいつも通り使い続けることが出来ます。(※「エスシニアルーム」の詳細はこちらからどうぞ。)

なにより、「毎日が楽に、快適に、生活全体が一変します。」

高齢者対応リフォームは、1~2年程度先迄の短い応急対処改装ではかえって割高な負担結果となる事があります。

少なくとも、5年、10年以上先まで見据えた計画で、その途中で起こるかもしれない予期せぬ体調不良や、介護度変化にも前もって対応できる改装である事、が結果的に、先々の生活費負担軽減につながると私共は考えております。

今、トイレ改修をお考えの皆様、是非、従来のトイレ単室改修と合わせて、「エスシニアルーム」の導入を、ご検討案のひとつに加えてみてください。再々改修への不安と煩わしさから解放され、安心安全快適生活の継続を実感できるリフォーム、それが「エスシニアルーム」です。

エスシニアルームのトイレ標準仕様明細
 

「エスシニアルーム」のご案内

◆===============================◆

ESSシニアルーム製造販売施工業務

昨日までの日常不安や介護環境が、明日から安心・安全・快適生活に改善されていきます。

 

 

「エスシニアルーム」リフォーム全体の流れ

◆===============================◆

エスシニアルームの流れすべてがお客様の生活スタイルにあわせて進む「エスシニアルーム」。ゆっくり充分ご納得頂けるまでご提案させて頂きます。

 

 

カタログ・資料請求はこちらからどうぞ


TO TOP